歴代の法務省訟務局長

Pocket

1 香川保一 (かがわやすかず) 1期  東大
在任期間:昭和44年12月27日~昭和47年9月28日
2 貞家克己 (ていかかつみ) 2期  東大

在任期間:昭和47年9月29日~昭和52年12月16日
3 蓑田速夫 (みのたはやお) 3期  東大
在任期間:昭和52年12月17日~昭和55年2月24日
4 柳川俊一 (やながわとしかず) 4期  東大
在任期間:昭和55年2月25日~昭和58年7月14日
5 藤井俊彦 (ふじいとしひこ) 6期  京大
在任期間:昭和58年7月15日~昭和60年7月24日
6 菊池信男 (きくちのぶお) 9期  東北大
在任期間:昭和60年7月25日~昭和63年6月2日
7 岩佐善巳 (いわさよしみ) 11期  東北大
在任期間:昭和63年6月3日~平成2年8月31日
 加藤和夫 (かとうかずお)15期  東大
在任期間:平成2年9月1日~平成5年12月21日
9 増井和男 (ますいかずお) 18期  東大
在任期間:平成5年12月22日~平成8年9月4日
10 森脇勝 (もりわきまさる) 20期  東大
在任期間:平成8年9月5日~平成9年7月6日
11 細川清 (ほそかわきよし) 21期  東大
在任期間:平成9年7月7日~平成10年6月23日
12 山崎潮 (やまざきうしお) 22期  東大
在任期間:平成10年6月24日~平成13年1月5日
13 都築弘 (つづきひろむ) 25期  名古屋大
在任期間:平成13年1月6日~平成17年1月17日
14 大竹たかし (おおたけたかし) 28期  早稲田大
在任期間:平成17年1月18日~平成19年7月9日
15 貝阿彌誠 (かいあみまこと) 30期  東大
在任期間:平成19年7月10日~平成21年7月13日
16 須藤典明 (すどうのりあき) 32期  中央大
在任期間:平成21年7月14日~平成23年7月31日
17 青野洋士 (あおのようじ) 34期  京大
在任期間:平成23年8月1日~平成25年7月31日
18 都築政則 (つづきまさのり) 37期  東大
在任期間:平成25年8月1日~平成27年4月9日
19 定塚誠 (じょうづかまこと) 37期  東大
在任期間:平成27年4月10日~平成29年7月6日
20 舘内比佐志(たてうちひさし) 40期 東大
在任期間:平成29年7月7日~

*0 最後の職が最高裁裁判官である人は赤文字表記とし,最後の職が高裁長官である人は紫文字表記としています。
*1 昭和27年8月1日,法務府設置法の一部改正により,法務府は法務省に改組され,法務総裁は法務大臣に改められた。同時に,民事法務長官,民事訟務局,行政訟務局が廃止され,新たに訟務局が設置されました。
*2 昭和43年6月15日,行政改革の一環としてのいわゆる1省1局削減措置に基づく法務省設置法の一部改’正により,訟務局は廃止され,大臣官房訟務部が設置されました。
*3 昭和51年6月21日,法務省設置法の一部改正により,大臣官房訟務部が廃止され,訟務局が復活しました。
*4 平成13年1月6日,中央省庁等改革に伴い,新しく法務省設置法及び法務省組織令が施行され,訟務局は廃止され,その機能は大臣官房に移されました。
*5 平成27年4月9日に平成27年度予算が成立したことを受けて,翌10日,大臣官房に設置されていた訟務を所管する課等を移し替え,訟務局が設置されました。
*6 「幹部裁判官の名簿」「幹部裁判官人事の一覧表」「幹部裁判官の後任候補者」及び「幹部裁判官の定年予定日」も参照してください。

スポンサーリンク