浅生重機裁判官(18期)の経歴


生年月日 S16.12.11
出身大学 東大
退官時の年齢 65 歳
叙勲 H24年春・瑞宝重光章
H18.12.11   定年退官
H16.9.13 ~ H18.12.10 横浜地裁所長
H11.1.18 ~ H16.9.12 東京高裁19民部総括
H9.8.6 ~ H11.1.17 大津地家裁所長
H5.4.1 ~ H9.8.5 東京高裁判事
S63.4.1 ~ H5.3.31 東京地裁部総括(民事部)
S60.4.8 ~ S63.3.31 最高裁民事局第一課長
S58.4.1 ~ S60.4.7 最高裁民事局第二課長
S54.5.1 ~ S58.3.31 最高裁民事調査官
S51.4.8 ~ S54.4.30 東京地裁判事
S51.4.1 ~ S51.4.7 東京地裁判事補
S48.8.31 ~ S51.3.31 秋田地家裁判事補
S44.4.1 ~ S48.8.30 最高裁民事局付
S41.4.8 ~ S44.3.31 東京地裁判事補

*1 38期の井上薫裁判官は,裁判官訴追委員会に対し,平成17年11月頃,浅生重機横浜地裁所長の罷免を求める訴追請求状を提出したみたいです(言いたい放題ブログの「喋り足りない?井上薫判事vs浅生重機横浜地裁所長」参照)。
*2 平成18年に弁護士登録をして,東京虎ノ門法律事務所に入所しました(同事務所HPの「弁護士紹介」参照)。
*3 以下の記事も参照して下さい。
・ 日本の戦後賠償の金額等
→ 東京高裁平成13年10月11日判決(裁判長は18期の浅生重機裁判官)の判示内容を引用しています。
・ 歴代の横浜地裁所長
・ 高裁の部総括判事の位置付け
・ 毎年6月開催の長官所長会同
・ 新任の地家裁所長等を対象とした実務協議会の資料
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 最高裁判所裁判官及び事務総局の各局課長は襲撃の対象となるおそれが高いこと等
・ 最高裁判所事務総局の各係の事務分掌(平成31年4月1日現在)
・ 最高裁判所事務総局の組織に関する法令・通達
・ 最高裁判所調査官


スポンサーリンク