秋葉康弘裁判官(33期)の経歴

Pocket

生年月日 S30.1.12
出身大学 東北大
R2.10.12 定年退官
H30.8.30 ~ R2.10.12 高松高裁長官
H26.8.1 ~ H30.8.29 東京高裁3刑部総括
H24.11.27 ~ H26.7.31 福島地裁所長
H23.4.1 ~ H24.11.26 さいたま地裁3刑部総括
H19.3.29 ~ H23.3.31 東京地裁9刑部総括
H14.4.1 ~ H19.3.28 仙台高裁事務局長
H13.4.1 ~ H14.3.31 東京地裁判事
H9.4.1 ~ H13.3.31 司研刑裁教官
H6.3.25 ~ H9.3.31 仙台地家裁判事
H4.4.1 ~ H6.3.24 那覇地家裁判事
H1.3.24 ~ H4.3.31 書研教官
S62.4.1 ~ H1.3.23 東京地裁判事補
S59.4.5 ~ S62.3.31 東京地検検事
S59.4.1 ~ S59.4.4 東京地裁判事補
S56.4.7 ~ S59.3.31 札幌地裁判事補

*1の1 しんぶん赤旗HPの「霊感商法初公判「統一協会の宗教活動」」(2009年9月11日付)には以下の記載があります。
① 統一協会(世界基督教統一神霊協会)の霊感商法を裁く初の刑事裁判が10日、東京地裁(秋葉康弘裁判長)で始まりました。検察側は冒頭陳述で、霊感商法は統一協会の宗教活動であり、最終目的は信者にし、全財産を献金させることだと指摘しました。
② 起訴状によると、両被告の指示のもとで「新世」販売員が通行人を運命鑑定と称して事務所に連れ込み、「あなたの先祖は武家でたくさんの人を殺している。因縁が深く、夫の病死もそのせい」などと長時間説得。相手を困惑させ、「良い印鑑を持てば因縁を払うことができる」として高額な印鑑を売りつけていました。これが特定商取引法違反の罪に問われています。
*1の2 Wikipediaの「世界基督教統一神霊協会の年表」の2009年7月13日に関する記載によれば,逮捕時の罪名も特定商取引法違反でした。
*1の3 産経新聞HPの「「トラブルなし」は誤り 旧統一教会が会見を訂正」(2022年7月17日付)には以下の記載があります。
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は17日、田中富広会長が安倍晋三元首相銃撃事件を受けて開いた11日の記者会見で、平成21年以降は信者との間で「トラブルがない」と発言したことについて、「コンプライアンス順守の結果が表れているという趣旨であり、トラブルがゼロになったという意味ではない。言葉不足で誤解を招いたことを率直におわびする」などとする声明を出した。
*2 以下の記事も参照してください。
・ 歴代の高松高裁長官
・ 高裁の部総括判事の位置付け
・ 毎年6月開催の長官所長会同
・ 新任の地家裁所長等を対象とした実務協議会の資料
・ 部の事務を総括する裁判官の名簿(昭和37年度以降)
・ 司法行政を担う裁判官会議,最高裁判所事務総長及び下級裁判所事務局長
・ 高等裁判所事務局長事務打合せ
・ 司法研修所教官会議の議題及び議事録
・ 司法修習生指導担当者協議会
・ 司法研修所刑事裁判教官の名簿

Pocket

スポンサーリンク