八木一洋裁判官(37期)の経歴

Pocket

生年月日 S35.1.8
出身大学 東大
定年退官発令予定日 R7.1.8
R3.7.16 ~ 最高裁首席調査官
H30.1.5 ~ R3.7.15 東京高裁15民部総括
H28.9.5 ~ H30.1.4 前橋地裁所長

H27.8.16 ~ H28.9.4 東京地裁民事部第一所長代行
H26.10.15 ~ H27.8.15 東京地裁民事部第二所長代行(9民部総括)(保全部)

H26.10.2 ~ H26.10.14 東京地裁9民部総括(保全部)
H19.6.1 ~ H26.10.1 東京地裁3民部総括
H18.8.7 ~ H19.5.31 東京高裁7民判事
H12.8.10 ~ H18.8.6 内閣法制局第一部参事官
H8.4.7 ~ H12.8.9 最高裁調査官
H7.4.12 ~ H8.4.6 東京地裁判事
H6.4.1 ~ H7.4.11 東京地裁判事補
H3.4.1 ~ H6.3.31 福岡地家裁判事補
H1.4.1 ~ H3.3.31 通産省通商政策局国際経済部事務官
S63.8.1 ~ H1.3.31 最高裁民事局付
S60.4.12 ~ S63.7.31 東京地裁判事補

*1 共著者として「民事保全の実務(第3版増補版)(上)」及び「民事保全の実務(第3版増補版)(下)」を執筆しています。
*2 日本経済新聞HPに「「八木一洋」のニュース一覧」が載っています。
*3 福岡地裁平成4年4月16日判決(判例秘書に掲載。担当裁判官は17期の川本隆37期の八木一洋及び42期の佐々木信俊)は,いわゆるセクシャル・ハラスメントの法理につき初の本格的な司法判断を示した裁判例となりました。


*4 以下の記事も参照して下さい。
・ 歴代の最高裁判所首席調査官
・ 高裁の部総括判事の位置付け
・ 東京地裁の歴代の第一所長代行
・ 内閣法制局参事官経験のある裁判官
・ 最高裁判所調査官
・ 行政機関等への出向裁判官

Pocket

スポンサーリンク