令和元年度以降の長官所長会同の資料及び議事概要

Pocket

令和元年度長官所長会同の資料及び議事概要
・ テーマは以下のとおりでした。
1 裁判所の紛争解決機能を全体として高めていくための司法行政上の方策について(広島地裁,富山地家裁,静岡家裁)
→ サブテーマは以下のとおりです。
(1)  各事件分野(民事・刑事・家裁)の裁判部門において,各部内での意見交換や議論は,どのように行われているか。
(2) 部内での議論を充実させ,部の機能を十分に発揮させるために,部総括裁判官や所長はどのような役割を果たしていくべきか。
2 組織的に対応すべき事項に対する所長の役割
→ サブテーマは,「(1)裁判手続のIT化について」及び「(2)裁判所と地域社会のつながりについて(裁判員制度10周年広報,成年後見制度における連携等を通じて)」でした。

* 以下の記事も参照してください。
① 毎年6月開催の長官所長会同
② 平成17年度から平成30年度までの長官所長会同の資料等