死刑執行に反対する日弁連の会長声明等

Pocket

1 日本国政府によって実際に執行された死刑に対する日弁連の会長声明,会長談話等は以下のとおりです。
(菊地裕太郎日弁連会長)
① 死刑執行に強く抗議し、直ちに死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すことを求める会長声明(平成30年7月6日付)
② 死刑執行に強く抗議し、直ちに死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すことを求める会長声明(平成30年7月26日付)
③ 死刑執行に強く抗議し、直ちに死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すことを求める会長声明(平成30年12月27日付)
④ 死刑執行に強く抗議し、直ちに死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すことを求める会長声明(令和元年8月2日付)
(中本和洋日弁連会長)

① 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきであることを求める会長声明(平成28年11月11日付)
② 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきであることを求める会長声明(平成29年7月13日付)
③ 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきであることを求める会長声明(平成29年12月19日付)
(村越進日弁連会長)

① 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明(平成26年6月26日付)
② 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明(平成26年8月29日付)
③ 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し、死刑制度の廃止についての全社会的議論を求める会長声明(平成27年6月25日付)
④ 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し、死刑制度の廃止についての全社会的議論を求める会長声明(平成27年12月18日付)
⑤ 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し、死刑制度の廃止についての全社会的議論を求める会長声明(平成28年3月25日付)
(山岸憲司日弁連会長)

① 死刑執行に強く抗議し、死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明(平成24年8月3日付)
② 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明(平成24年9月27日付)
③ 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明(平成25年2月21日付)
④ 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明(平成25年4月26日付)
⑤ 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明(平成25年9月12日付)
⑥ 死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明(平成25年12月12日付)
(宇都宮健児日弁連会長)
① 死刑執行に関する会長声明(平成22年7月28日付)
② 死刑執行の再開に強く抗議し、死刑執行を停止し死刑廃止について全社会的議論を開始することを求める会長声明(平成24年3月29日付)
(宮崎誠日弁連会長)
① 死刑執行に関する会長声明(平成20年4月10日付)
② 死刑執行に関する会長声明(平成20年6月17日付)
③ 死刑執行に関する会長声明(平成20年9月11日付)
④ 死刑執行に関する会長声明(平成20年10月28日付)
⑤ 死刑執行に関する会長声明(平成21年1月29日付)
⑥ 死刑執行に関する会長声明(平成21年7月28日付)
(平山正剛日弁連会長)

① 死刑執行に関する会長声明(平成18年12月25日付)
② 死刑執行に関する会長声明(平成19年4月27日付)
③ 死刑執行に関する会長声明(平成19年8月23日付)
④ 死刑執行に関する会長声明(平成19年12月7日付)
⑤ 死刑執行に関する会長声明(平成20年2月1日付)
(梶谷剛日弁連会長)
① 死刑執行に関する会長声明(平成16年9月14日付)
② 死刑執行に関する会長声明(平成17年9月16日付)
(本林徹日弁連会長)
① 死刑確定者の死刑執行に関する会長声明(平成14年9月19日付)
② 死刑確定者の死刑執行に関する会長声明(平成15年9月12日付)
(久保井一匡日弁連会長)
① 死刑執行に関する会長声明(平成12年11月30日付)
② 死刑確定者の死刑執行に関する会長声明(平成13年12月28日付)
(小堀樹日弁連会長)
① 死刑執行に対する会長声明(平成10年6月26日付)
② 死刑執行に関する会長声明(平成10年11月20日付)
③ 死刑執行に関する会長声明(平成11年9月10日付)
④ 死刑執行に関する会長談話(平成11年12月17日付)
(鬼追明夫日弁連会長)
・ なし。
(土屋公献日弁連会長)
・ 死刑執行に関する談話(平成6年12月2日付)
・ 死刑執行に関する声明(平成7年5月29日付)
・ 死刑執行についての声明(平成7年12月22日付)
(阿部三郎日弁連会長)
・ 死刑執行に関する会長談話(平成5年5月6日付)
・ 死刑執行に対する会長声明(平成5年12月3日付)

2 産経WESTの「「色に染まった」委員会が主導する政治的声明 「反対できない」単位会元会長が吐露」(平成29年5月23日付)には以下の記載があります。
関係者によると、日弁連の場合、主に委員会の提案が会長と各単位会選出の副会長13人・理事71人で構成する理事会の審議にかけられ、原則として承認を得て表明されるのが意見書。ただ、緊急だったり、従前の日弁連意見と同趣旨だったりすれば理事会の審議を省略でき、正副会長の承認だけで表明できる。従前の意見書の範囲内にとどめる会長声明も同様だ。

3(1) 日弁連は,人権擁護大会において以下の決議を採択しています。
① 死刑執行停止法の制定、死刑制度に関する情報の公開及び死刑問題調査会の設置を求める決議(平成16年10月8日付)
② 罪を犯した人の社会復帰のための施策の確立を求め、死刑廃止についての全社会的議論を呼びかける宣言(平成23年10月7日付)
③ 死刑制度の廃止を含む刑罰制度全体の改革を求める宣言(平成28年10月7日付)
(2) 日弁連HPの「死刑制度の問題(死刑廃止及び関連する刑罰制度改革実現本部)」に,死刑問題に関する日弁連の資料が色々と掲載されています。

4 東北弁護士会連合会は,平成28年7月1日,「犯罪加害者家族に対する支援を求める決議」を出しました。

5(1) 日弁連は,昭和62年度に第一東京弁護士会会長及び日弁連会長をしていた岡村勲弁護士の夫人が平成9年10月10日に殺害された事件(山一證券代理人弁護士夫人殺人事件)に関して,平成9年11月10日,元副会長夫人殺害事件に関する会長声明を発表しました。
(2) 弁護士ドットコムニュースに「日弁連の死刑廃止活動「賛成派弁護士の会費も使われている」弁護士グループが質問状」(平成29年8月28日付)が載っています。
(3) 岡村勲弁護士らによって,平成12年1月23日,全国犯罪被害者の会(通称は「あすの会」)が設立されましたが,平成30年6月3日をもって解散しました。

6 以下の記事も参照してください。
① 日弁連の歴代会長及び事務総長
② 死刑囚及び無期刑の受刑者に対する恩赦による減刑