矢口洪一 元最高裁判所長官(高輪1期)の経歴

生年月日 T9.2.20
出身大学 京大
退官時の年齢 70 歳
叙勲 H5年春・勲一等旭日桐花大綬章
叙位 H18.7.25 従二位
H2.2.20  定年退官
S60.11.5 ~ H2.2.19 最高裁長官(11)
S59.2.20 ~ S60.11.4 最高裁判事・一小
S57.11.22 ~ S59.2.19 東京高裁長官
S55.3.22 ~ S57.11.21 最高裁事務総長
S53.10.23 ~ S55.3.21 東京家裁所長
S52.9.26 ~ S53.10.22 浦和地裁所長
S51.7.16 ~ S52.9.25 最高裁事務次長兼総務局長事務取扱
S45.12.30 ~ S51.7.15 最高裁人事局長
S43.11.11 ~ S45.12.29 最高裁民事局長
S43.4.18 ~ S43.11.10 東京地裁部総括 
S40.1.1 ~ S43.4.17 東京地裁判事
S37.10.1 ~ S39.12.31 最高裁総務局制度調査室長(臨時司法制度調査会事務局参与)
S37.8.1 ~ S37.9.30 東京地裁判事
S34.4.1 ~ S37.7.31 最高裁経理局総務課長
S33.4.21 ~ S34.3.31 最高裁経理局主計課長
S33.1.28 ~ S33.4.20 最高裁経理局付
S31.11.10 ~ S33.1.27 最高裁民事局第二課長
S29.8.31 ~ S31.11.9 最高裁民事局付
S28.5.1 ~ S29.8.30 横浜地裁判事補
S26.9.1 ~ S28.4.30 東京地裁判事補
S24.3.1 ~ S26.8.31 最高裁人事局付
S23.1.28 ~ S24.2.28 大阪地裁判事補
S22.12 司法修習終了
S21.2.25 司法修習生に採用(京都修習)
S20.11 復員
S20.3 海軍法務大尉に昇進(佐世保鎮守府軍法会議勤務)
S19.3 海軍法務中尉に昇進(佐世保鎮守府軍法会議勤務)
S18.9.30  海軍法務見習尉官に任官
S18.9.23 京都帝国大学法学部を繰上げ卒業
S18.7.16 高等試験司法官試補に合格
S16.4 京都帝国大学法学部に入学

*1 最高裁判所とともに(著者は矢口洪一)及び司法官試補制度沿革(著者は2期の蕪山厳)を参照しています。
*2 昭和17年7月30日合格発表の高等試験司法科試験の合格者320人のうちの32人は,同年10月1日付で司法官試補28期として採用されました。
 また,それ以前の合格者と合わせて56人が昭和18年10月1日付で司法官試補29期として採用されました(戦前最後の司法官試補の採用でした。)。
*3 昭和16年度の大学卒業は12月に繰り上げられ,昭和17年度及び昭和18年度の大学卒業は9月に繰り上げられました。